卵のSサイズとLサイズ、どちらがお得なのか

【結論】

卵を食べる目的が、

成長過程の子供に食べさせるなら、Sサイズ。

黄身がメインの料理を作るなら、Sサイズ。

白身がメインの料理を作るなら、Lサイズ。

f:id:gimon0808:20180118220348j:plain

卵のサイズは6種類

卵のサイズは農林水産省で定めた鶏卵規格取引要綱で定められており、

「重さ」で分けられています。

 

サイズは全部で6種類あり、

LL 70g以上
64g以上 70g未満
58g以上 64g未満
MS 52g以上 58g未満
46g以上 52g未満
SS 40g以上 46g未満

このように規格されています。

 

サイズの分け方は、

栄養価等は関係なく、

重いか軽いかの違いで分類されています。

 

 

サイズの違いは鶏の年齢

卵のサイズの違いは、

ニワトリの年齢で変わってきます。

生後4ヶ月ぐらいの若いニワトリの卵は小さく、

生後1歳半ぐらいの成熟したニワトリの卵は大きくなります。

 

成熟するにつれて「卵管」が太くなるため、

年齢によってサイズが異なってくるのです。

 

 

サイズの違いと黄身の大きさの関係

なんとなく、卵のサイズが大きいと、

黄身も大きく栄養価も高いと考えがちですが、

実は間違っており、

黄身の大きさはほとんど同じ。

 

 

ちょっとイメージと正反対だったので、

実際にSサイズとLサイズの買ってきて比較してみました。

 

S、Lそれぞれどちらでしょうか。

f:id:gimon0808:20180119002902j:plain

答えは、

左がS、右がLです。

 

並べて見るとやっぱり右の方が若干大きいのですぐわかると思いますが、

重さを計ってみると、

Sサイズは48g、

Lサイズは67gでした。

 

その差は19gと全体では約1.4倍も重さに違いがあるにも関わらず、

写真をよく見ると、黄身の大きさはせいぜい1.1倍ぐらいの差じゃないでしょうか。

 

卵全体からみると、

Sサイズは黄身の割合が多く、

Lサイズは白身の割合が多い。

という違いがあることがわかりました。

 

たしかに、

写真をみると右の方が圧倒的に白身の量が多いですね。

 

 

効率の良い卵のサイズの使い分け方

栄養面での使い分け

栄養面をみると、

卵は「リン脂質」という栄養素が非常に多いです。

 

リン脂質は、脳や神経組織、細胞膜を作る重要な栄養素であるため、

体が作られる過程にある小さな子供には、積極的に摂らせるべきと推奨されています。

 

Sサイズは、Lサイズと比較すると、

若いニワトリが生んでいるため、

鮮度が落ちにくくビタミンなどの栄養価が高いです。

 

このことから、

鮮度が落ちにくいということ、

栄養価が高いということ、

卵の全体の量に対して相対的に黄身の量が多いことから、

栄養面から考えるとSサイズの方がお得だといえます。

 

 

黄身と白身の割合での使い分け

Sサイズは黄身の割合が多く、

Lサイズは白身の割合が多い。

ということから、

SとLのどちらがお得なのかは、

料理によって変えることがベストなのではないでしょうか。

 

黄身がメインの料理

黄身がメインの料理を作るなら、Sサイズを選んだ方が効率が良さそうです。

例えば、

目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ、卵かけご飯、カルボナーラなどで、

黄身の味が濃厚であればあるほど美味しいもの。

 

白身がメインの料理

白身がメインの料理を作るなら、Lサイズを選んだ方が効率が良さそうです。

例えば、

茶碗蒸し、お菓子作り、メレンゲなど。

 

 

使い分けがめんどくさい派

値段をみると、

だいたいSサイズはLサイズより1~2割程度安いです。

さらに、Sサイズは栄養価も高い。

 

よって、

考えるのがめんどくさい人は、

とりあえず、Sサイズを買えっ!!!!!

 

 

余談(卵の色の違い)

白い卵と赤い卵がありますが、

栄養、味について

 

差は、、、

無いんです!

 

エサなどの条件が同じなら、

白い卵も赤い卵も味や栄養素に差はありません。

 

色の違いは、ニワトリの羽の色の違いだけなんです。

 

一般的に赤い卵の方が高級なイメージでありますが、

実は全く差はありません!

 

赤い卵の方が、高く売られいてることが多いですが、

一般的なイメージに合わせて赤い卵は高く売っているだけだそうです。

そのため、赤い卵の方が販売者の利益率が高いんです。

 

白いSサイズの卵こそ、

コスパ最強なのかもしれない。

 

 

結論

卵を食べる目的が、

成長過程の子供に食べさせるなら栄養面から、Sサイズ。

黄身がメインの料理を作るなら、Sサイズ。

白身がメインの料理を作るなら、Lサイズ。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す